d-style photo Technique

dtec.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 02日

フード・・・続き

今回は、写真はありません。
前回紹介した、24-105㎜f4L IS用のフードを改良すると、
EF-S10-22㎜に使えます。
横の部分を約5㎜程度、カットします。
カッター等で切り、ヤスリ(サンドペーパー)で仕上げれば、綺麗に仕上がるでしょう。
艶がなくなるので、ニスでも良いですが、100円ショップで販売していると思いますが、
爪の保護用のマニュキュア(クリア)を塗布すれば綺麗に仕上がるでしょう。
興味のある方は、是非チャレンジでてください・・・自己責任ですが・・・
[PR]

# by digitalartist | 2006-08-02 10:41 | レンズ豆知識
2006年 06月 21日

フード・・・その2

f0091659_1815248.jpg

過去にもフードについてアップしたが、その続きと言うないようです。
Canon EF17-40㎜f4L・・・35㎜用の高画質Lレンズである。
価格も手ごろなLレンズである。
ただ、35㎜用なのでフードがデカイのです。
APS-CのDigitalの場合、バッグに入れるのは邪魔になります。
そこで前回に紹介したのが、EF24㎜f1.4Lのフードです。
写真左のEW-83DⅡです。
f0091659_18294962.jpg

ケラレの問題はありませんが、一つだけ問題が・・・
装着するに硬いと言うかキツイのです。
付属のフードとロックの方式が違うのです。
最近のフードは付属のフード同じでロックしやすいのです。
そこで、注目したのが、EF24-105㎜f4Lのフードです。
写真右のEW-83Hです。
f0091659_1830480.jpg

ロック方式は付属のと同じです。
弱点が解消されました。
ただ、少々大きいのです。
直径で5㎜程度です。気にする程ではないですが・・・
後は深さが多少違います。
EW-83Hの横位置で言うと、「上下が5㎜程度短く左右が5㎜程度長い」となります。
オイラはサイズ的に気にならないので「EW-83H」に変えました・・・
EW-83D-Ⅱは、しばらくお休みです...(^^;
今後、購入予定の方は検討ください・・・
なお、APS-HのEOS1DMk2Nでもケラレはありませんでした・・・
オイラの欲しいカメラですが、まだまだ買えないので某所でテストしました・・・
ちなみに両者の価格は・・・同じです。
[PR]

# by digitalartist | 2006-06-21 18:40 | レンズ豆知識
2006年 05月 15日

eneloop・・・

f0091659_20182098.jpg

久々の更新である。
eneloopと言うニッケル水素電池をご存知だろうか・・・
三洋が開発した環境に配慮した次世代電池と言われている。
充電回数は約1,000回で従来の製品より長く使えるのだ。
自然放電も少なく、購入後に即使えるようだ。
また、メモリー効果も少ないので「つぎ足し充電」もokらしい。
で一番の良いところは寒さに強いのだ。
-10℃でも使用可能とのことだ。ただし、使用時間は短くなる。
で、この電池を載せた本題に入ろう・・・・・
NikonD200と言うデジタル一眼レフカメラがある。
実はこのカメラ、今までのNikon製品と比べてバッテリーの持ち時間が短いらしい。
液晶がバッテリーを消耗させる原因と言われている。
液晶の性能は良いのだが、撮影枚数が減ったのはユーザーには不満だろう。
そこで、縦位置グリップを装着している方にオススメなのが、この電池だ。
縦位置に6本入れて使うと、純正のバッテリーより持ちが良いらしい。
2セット準備すると、長い時間撮影出来るとのことだ。
価格も安いので、是非興味のある方は試してみては・・・・・
ちなみに、同様の使い方をしているプロもいる。
充電は従来の充電器でもokらしいが、メーカーに確認するのが安心であろう。
ちなみに、Canonユーザーである、オイラのEOS20Dも同様に使えるらしい。
ただ、メーカーでは容量が少ないのでバッテリー表示が早く減ったように表示される
可能性はあるらしい。が、使用は可能なので購入してテストしてみようと思う。
[PR]

# by digitalartist | 2006-05-15 20:36 | アクセサリー豆知識
2006年 04月 18日

Angle Finder C・・・

f0091659_21474588.jpg

デジタル・銀塩を問わず、一眼レフカメラの必須アイテムのひとつ・・・
それはアングルファインダーだと思う。
写真はオイラが使っているCanon製のもだ。
ブレて申し訳ないが、ご勘弁を・・・・・・(^^;
で、Macroの季節となるこの時期は必須アイテムだろう。
ただ、Macroだけだはなく、色々な撮影に使える便利グッズだ。
EOS全製品に使え、倍率は1.25倍・2.5倍である。
ただ、価格はちょっと高めである。
定価で25,000円(税抜)だ。
そこで裏技である。
アングルファインダーVNだ・・・
この製品はコニカミノルタ製なのだが、EOSにピッタリなのだ。
倍率は1倍・2倍だったと思うが実用上問題ない。
プロでも使っているので安心して使えるだろう。
ただ、御存知の通りカメラ事業を辞めたので新品が購入出来るかどうか・・・
中古もあるだろうが、目にすることは少ないだろう。
中古で安く欲しい人は、見つけたら即買いだろう・・・
オイラは昨年、Canon製を一度発見した。が、すでに持っていたので購入はしていない。
3日後には売り切れ・・・・・
ちなみに、オイラの行きつけの店に中古のがあったな・・・キヤノン製の現行品だ。
発見した者勝ち、早い者勝ちが中古の原則だ・・・
GWはMacro撮影が盛んになるだろう。
その頃は、新品も品薄になる。欲しい人は今が買いだろう。
[PR]

# by digitalartist | 2006-04-18 22:13 | アクセサリー豆知識
2006年 04月 15日

PictureStyle・・・・・エメラルド

Professional(DPP)がバージョンアップされた。
と同時に新たなPictureStyleも追加された。
Clear・Nostalgia・Twilightの3種類が最初だ。
EOS5D以降の機種から採用されたPictureStyleだが、現在はEOS Digitalで撮影
した、すべてのデータがDPPを利用してPictureStyleを設定できる。
しかも、最初のProfessional EOS DigitalであるD2000・D6000のRAWデータも
CR2形式に変換できるソフトがCanonから追加されたので、完全にEOS Digitalに
PictureStyleが使える形となったと言える。
素晴しいことだ・・・(^^)
で、話は戻るがエメラルドが今回追加されたのである。
珊瑚礁の海をより綺麗に再現できるらしい・・・がオイラのデータに珊瑚礁の海はない。
したがって、チューリップで試してみた・・・(^^;
f0091659_23101597.jpg

1枚目はPhotoShopCS2でRAW現像をしたものである。
露出、彩度、シャープ、コントラストを少々調整して仕上げている。
オイラ流のいつもと同様の処理で仕上げた。
f0091659_23133321.jpg

2枚目はDPPで現像したものである。
PictureStyleにエメラルドを選択してみた。
露出、彩度、シャープ、コントラストを少々調整して仕上げている。
が、エメラルドを採用したことで花びらの白が再現出来なかった。
そこで、花びらに関してはCS2で調整したのである。
一番の違いは花の黄色い部分だろう。
DPPの方がオイラ的には好ましいと思う。
今回のバージョンでDPPからCS2への転送が可能になったので、同様の処理が
快適に行えるようになった。
本来の目的とは違っても自分のImageに合わせてPictureStyleを選択するのは
結果的に良い方向へと進むこともある。
ぜひ、チャレンジしてみてください。
[PR]

# by digitalartist | 2006-04-15 23:20 | RAW豆知識
2006年 04月 15日

Digital Photo Professional 2.1

EOS30Dに発売に伴い、Digital Photo Professionalがバージョンアップした。
前回からバージョンが2.0となりピクチャースタイルが採用された。
今回は機種の増加、機能の充実化が進められたようだ・・・
一部、インストールで不具合が生じているとの噂もある。
レジストリの処理が上手く行われないらしい・・・が、オイラのは支障なくインストールされた。
一番の目玉はノイズの設定だと思う。
環境設定の画面を確認してもらえばわかると思う。
設定に関しては、個人でテストしていただき、決めるのが最善だと思う。
ちなみにオイラは動作モードを「画質優先」で輝度ノイズ緩和「強」・色ノイズ緩和「強」に設定。
動作も早く、ソフト自体が良くなっているのでオススメ出来るし、EOSDigitalユーザーなら
使ったほうが良いと思う。
また、今回のバージョンアップでフォトショップCS2にも転送が可能になった・・・
連携が可能になり、使い勝手が向上した。
アップデートしていない方は、早速したほうが良いですね。
PictureStyleにもエメラルドが追加されています。
珊瑚礁の海が良い感じに再現されるらしいです。
確実に良くなってますよ。DPPは・・・お試しを・・・・・(^^)/
[PR]

# by digitalartist | 2006-04-15 15:32 | RAW豆知識
2006年 04月 15日

CFカード

f0091659_19365564.jpg

過去にもCFカードについて書いたことがある。
最新カードも発売されているので新たに書くことにした。
現在の主流メーカーはサンディスクとレキサーが2強と言える。
サンディスクに関しては、開発メーカーだけあって商品の安定性はピカイチだ。
数年前はレキサーに押されていたが、最近は高速で耐久性のある製品を発売した。
レキサーに関しては、一時期、不具合で評判を落としたが、新モデルを発売して
巻き返しを図っているようだ。
他にもトランセンドなんかも評判の良い製品を順調に発売している。
最近はバッファローやIOデータなでも製品を発売しており、低価格が進みそうだ。
その中で、サンディスクのエクストリームⅢ(以下EⅢ)と同等の能力を持った製品もある。
ATP社の製品で150倍速で衝撃にも強い構造らしい。
CFカードに関しては相性問題もあるので、個々で性能差はある。
テストに関しては多少の誤差はあるので一概には言えないので目安程度に参照
するのが良いのではと思う。
そんな中、優秀な成績なのはサンディスクのEⅢとレキサーの133倍速モデルが
好成績のようだ。次にATP社の製品が良いようだ。
ただ、高速モデルは高価なものが多い。
サンディスクのウルトラⅡは、コストと性能のバランスが良いのでオススメ出来る。
今回のこの記事を載せたのは、実は理由がある・・・
キヤノンEOS30Dに関してなのだが、レキサーの80倍速モデルでの不具合が
あるとの噂がある。過去にEOS20Dであったのと同様らしい。
今回も同様の症状らしく、前回の不具合と同様のシリアル№らしい。
前回、不具合がなくレキサー社でのフームアップをしていないようなら早急に対応を
したほうが良い思う。基本構造が同じであるEOS30Dなので不具合は考えられる。
参考までだが、メディアのファームアップを検討したほうが良いと思います。
[PR]

# by digitalartist | 2006-04-15 14:38 | アクセサリー豆知識
2006年 04月 11日

センサークリーニング

f0091659_1716470.jpg

デジタル一眼レフカメラの最大の敵は、レンズ交換時に進入するゴミだ。
オリンパス・シグマのデジタル一眼レフはゴミ進入の防止のため工夫されている。
オイラが使っているEOSには、ゴミ防止の機能は搭載されていない。
今のところ、メーカーで無料クリーニングで対応してくれている。
しかし、状況によっては1日は清掃に掛かる・・・(^^;
複数のBodyを持っていれば、問題ないが安々購入できるものではない。
今日もお友達カメラマンM氏のをキヤノンに持ち込んだ。
オイラの場合、仕事の関係で時間的余裕を得ることが出来るので、
メーカーに持ち込むのは容易である。
保障に関係なく、無料で対応しているキヤノンには感謝するが、
対策を講じてくれるのが、先決だな・・・
現在、クリーニング可能なローパスフィルターを開発しているとの噂もあり、
完成して搭載されるのが、今から楽しみだ。
ただ、多少の汚れはブロアーで飛ばせるだろう・・・
ただし、ブロアに関しては高くても良いものを購入して欲しい。
オイラが使っているのは、エツミ社のジャイアントブロアーだ。
ラッテクス製でゴムのカスが出ない。プロ使用と銘打たれている。
高いが安心して使える一品だ。
現時点でゴミ対策はレンズ交換時に注意をすることだ。
レンズ交換時はbodyを下向きにする。
風が吹いているときは風上に背を向ける。
目で見えるゴミはブロアーで排除できこともあるが、無理をせず、
排除できなかったサービスに出すなど、ユーザーで対応するのが大切である。
無理をせず、「プロに任せる」が現時点でのメーカーの回答だと思う。
[PR]

# by digitalartist | 2006-04-11 17:31 | カメラ豆知識
2006年 04月 02日

タムロン SP AF180㎜f3.5 Di LD Macro

今日、「伝説のMacro」と言われているタムロン社製のレンズをgetした。
伝説の・・・と言われているのは90㎜Macroなのだが、その兄貴分が180㎜Macroだ。
柔らかなボケとシャープな描写で定評なのが、タムロンのMacroである。
そして、価格もユーザーには優しい設定なのがGoodだ。
180㎜になると被写界深度が浅く、画角狭いので使いこなすのは難しいレンズだ。
それだけに使いこなしたときには、素晴らしい写真を得ることが出来るだろう。
フードを装着したまま、PLフィルターも使える。
AF/MFの切り替えもワンタッチで快適だ。
AFは速くはない。が、MFの操作感が快適なのでMF撮影が楽しく気持ちイイと言える。
絞りハネは7枚だが、f5.6位までは円形のボケを味わえそうだ。
重量も軽く、手持ち撮影でも苦にならない。
ただ、可能な限り三脚は使ったほうが良いだろう。
縦位置グリップを併用すれば、バランスが良く女性でも平気に撮影出来ると思う。
オイラの評価はトータル90点。
これからの撮影が楽しみだ。ドンドン使いたいと思う。
早速テスト撮影に行ってきた。
いつもの温室だが、今日は混んでいたので、テスト程度で撤収した。
1枚目はf3.5の開放・2枚目はf5.6で共通データとして露出補正は+2/3です。
f0091659_16534350.jpg

f0091659_16535538.jpg

ボケ具合が違いますね。
開放はグラデーションっぽく描写されているし、f5.6は少しだけ形が見える。
オイラとしては、f5.6の方が好みですね。
興味のある方は、是非購入して楽しいで欲しいですね。
損しない1本と言えます。実売も7万円台後半ですかね。
[PR]

# by digitalartist | 2006-04-02 17:01 | レンズ豆知識
2006年 03月 30日

望遠Macro・・・

f0091659_21421435.jpg

Macroレンズには基本的に3つの焦点距離のレンズがある。
標準・中望遠・望遠である。
他として倍率を上げれるものやズームマクロなどもある。
倍率に関しては等倍が主流だと思う。
昔は50㎜クラスの標準クラスが主流であったが、
今は90~105㎜クラスをメインに使っている方が多いだろう。
理由は、以前にも書いたようにバランスが良いレンズだからだと思う。
ただ、条件によっては被写体が遠くにある場合がある・・・・・
そこで注目されるのが、望遠マクロだ。
焦点距離は180~200㎜クラスである。
Macro撮影において、一度は使いたいレンズだ。
オイラもいつかは欲しいと思っていた。
ただ、Canon製は定価20万円以上のレンズである。
そこで、注目したのはMacroで定評のあるタムロン社製のレンズだ。
SP AF180㎜f3.5 Di LD Macroである。
価格はCanon製の半分だ・・・(^^)
マクロの基準と言われている90㎜マクロの兄貴分だ。
Digital対応&特殊低分散ガラスを使用している。
描写と価格の両方に優れたレンズである。
確かに超音波モーターは採用されていないが、マニュアルフォーカスが基本の
マクロに関してはAFより描写が優先される。
その点、ボケとシャープな画像が得られる良いレンズだ。
この度、お世話になっているカメラ店の大社長のオススメで購入を決めた。
描写・使い勝手等に関しては来月には報告出来ると思う。
マクロに関しては純正よりレンズメーカー社製の方が優れていると言われている。
今から楽しみだ・・・・・(^^)
[PR]

# by digitalartist | 2006-03-30 22:15 | レンズ豆知識